過払金が多く発生する理由について

過払金が発生する理由はいくつかあり、どのくらい発生するかはかなりの個人差があります。

過払い金が多く発生する条件をご案内致します。
過払い金は10年取引があればみな50万円発生というものではなく、どのくらい発生するかはかなりの個人差があります。
“過払金が多く発生する理由について” の詳細は »

車の債務整理について

ローンが残っている車でも、債務整理の手続の種類によっては車を手元に残すことができます。

車のローンを組んでいるときに債務整理を行うと、車は一体どうなってしまうのでしょうか?
「任意整理」という手続きでは車のローンがあっても車を残すことができます。
“車の債務整理について” の詳細は »

免責されない債権もあります

免責許可決定を得たとしてもすべての債務について支払義務を免れることができるわけではありません。

自己破産において免責の手続を経て免責許可決定を受けると
債務の支払義務を免れることができます。
“免責されない債権もあります” の詳細は »

債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?

債権者としては、支払う意思が確認できれば、これ以上裁判で争う必要はないと考えるので早急に専門家に相談しましょう

借金を返済せずに放置していたら裁判所から訴状が届いてしまった。
このような場合どうしたらいいでしょうか?
“債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?” の詳細は »

生活保護と債務整理について

生活保護受給者の方が債務整理をする場合には基本的に自己破産がよいと思われます。

生活保護費は、最低限の生活を保障するためのものですので、借金返済には使えません。
“生活保護と債務整理について” の詳細は »

自己破産をしたら住宅はどうなりますか?

自己破産において手放さなければいけない家や土地は自己破産者名義のものに限られます。

自己破産しても自宅を残すということはできないのでしょうか?
多くの人は自己破産というと、預金も自宅も取られて無一文になる。
そんなイメージを持っています。
“自己破産をしたら住宅はどうなりますか?” の詳細は »

 

リボ払いでも任意整理できます。

最近クレジットカードを使ったショッピングで、支払いをリボ払いにしたことでの”借金トラブル”が増えています。

毎月の支払い金額が、決まっているリボ払い。
一見すると、とても便利な支払い方法に思えます。
“リボ払いでも任意整理できます。” の詳細は »

自己破産における裁量免責とは

破産法で定める「免責不許可事由」がない場合は、裁判所は免責の決定をしなければなりません。

 個人が破産をした場合には、免責の決定があって初めて債務(借金)がなくなります。
自己破産をする目的は、免責決定をもらうことにあります。
“自己破産における裁量免責とは” の詳細は »

 

債務引き受けの意義について

債務引き受けには2種類あり、免責的債務引き受けと重畳的債務引き受けがあります。

債務引受けとは、債務をその同一性を失わせないで債務引受人に移転することをいいます。
また、債務引受けには、免責的債務引受けと重畳的債務引受けとがあり、いずれも債務引受けに含まれます。
“債務引き受けの意義について” の詳細は »

破産手続中の郵便物の転送について

破産法に基づき、破産者宛ての郵便物を管財人に転送することを「回送嘱託」といいます。

自己破産を申し立てて、それが管財事件になると破産管財人
が選任され、債務者宛の郵便物は全て破産管財人が管理する
事が法律で決まっています。
“破産手続中の郵便物の転送について” の詳細は »

 
« 過去の記事