債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?

債権者としては、支払う意思が確認できれば、これ以上裁判で争う必要はないと考えるので早急に専門家に相談しましょう

借金を返済せずに放置していたら裁判所から訴状が届いてしまった。
このような場合どうしたらいいでしょうか?
“債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?” の詳細は »

生活保護と債務整理について

生活保護受給者の方が債務整理をする場合には基本的に自己破産がよいと思われます。

生活保護費は、最低限の生活を保障するためのものですので、借金返済には使えません。
“生活保護と債務整理について” の詳細は »

自己破産をしたら住宅はどうなりますか?

自己破産において手放さなければいけない家や土地は自己破産者名義のものに限られます。

自己破産しても自宅を残すということはできないのでしょうか?
多くの人は自己破産というと、預金も自宅も取られて無一文になる。
そんなイメージを持っています。
“自己破産をしたら住宅はどうなりますか?” の詳細は »

リボ払いでも任意整理できます。

最近クレジットカードを使ったショッピングで、支払いをリボ払いにしたことでの”借金トラブル”が増えています。

毎月の支払い金額が、決まっているリボ払い。
一見すると、とても便利な支払い方法に思えます。
“リボ払いでも任意整理できます。” の詳細は »

自己破産における裁量免責とは

破産法で定める「免責不許可事由」がない場合は、裁判所は免責の決定をしなければなりません。

 個人が破産をした場合には、免責の決定があって初めて債務(借金)がなくなります。
自己破産をする目的は、免責決定をもらうことにあります。
“自己破産における裁量免責とは” の詳細は »

債務引き受けの意義について

債務引き受けには2種類あり、免責的債務引き受けと重畳的債務引き受けがあります。

債務引受けとは、債務をその同一性を失わせないで債務引受人に移転することをいいます。
また、債務引受けには、免責的債務引受けと重畳的債務引受けとがあり、いずれも債務引受けに含まれます。
“債務引き受けの意義について” の詳細は »

 

破産手続中の郵便物の転送について

破産法に基づき、破産者宛ての郵便物を管財人に転送することを「回送嘱託」といいます。

自己破産を申し立てて、それが管財事件になると破産管財人
が選任され、債務者宛の郵便物は全て破産管財人が管理する
事が法律で決まっています。
“破産手続中の郵便物の転送について” の詳細は »

期限の利益喪失と任意整理について

期限の利益を喪失して一括請求をされたとしてもまずは信頼のできる弁護士や司法書士に相談しましょう

期限の利益とは、期限が到来するまでは債務の履行を請求されないというように、
期限がまだ到来しないことによって当事者が受ける利益のことです。
“期限の利益喪失と任意整理について” の詳細は »

 

債権者の不法行為は損害賠償請求の対象です

内閣府令では、午後9時から午前8時まで:に電話連絡、ファクシミリ送信、または訪問をすること

払えないとわかっている状態で相手にお金を借りたり、逆に悪質な取立てにあった場合は、債務整理のときにも債権者であれば悪意の不法行為債権として損害賠償請求を請求することができますし、債務者は正当な理由があり、悪質な取立てに悩んで
“債権者の不法行為は損害賠償請求の対象です” の詳細は »

返済ができなくなったら相談しよう

債務整理に得意な経験ある弁護士・司法書士を探してまずは相談してみましょう。

借金を全額返済出来ない状況になったら債務整理をすることが解決の糸口です。

債務整理とは、多重債務などで返せなくなるという状況の債務者を再生させるいくつかの再生方法のことを一般的に指します。債務整理の目的はいずれも債務者の社会的な救済です。
“返済ができなくなったら相談しよう” の詳細は »

 
« 過去の記事